2017年04月05日

パルケス国の危機 02

無視して通り過ぎようとしたとき、
「ここを通るものは、証明書が必要だ」
と、その影が告げた。
「証明書なんて、どうでもいいでしょう。通して下さい」
俺が、不機嫌に答えるが、そいつは槍をかざして眼を吊り上げる。眼が3つあり、角が生え、岩のような腕をして鬼のような形相をしたそいつは、いきなり槍を突き出してきた。
「わっ」
思わず俺は、メリアをかばって地面に伏せる。妖怪はかかか、と笑って言った。
「何者も、拙者にはかなわない。仙人さまにお目通りしたければ、拙者から槍を奪ってみろ」

くそ。こんなときに、コールド・ブラスターが使えたなら。
高レベル魔法コールド・ブラスターが使えないばかりに、メリアも俺も苦労しているのだ。
領主の家に生まれていながら、領主の家系に顕在する、水系・こおり系の魔法が使えない。メリアも、俺も、そして領民も、結局それで、あいつから逃げ回っている。
オヤジは、あいつに殺された。
いつまでも、逃げてるわけにはいかないのだ。
師匠を見つけて、高レベル魔法を伝授してもらわねば。

両親は、子どもたちがしょぼい魔法しか使えない、あるいは魔法すら使えないという事実を、領民に秘密にしていた。優秀な家庭教師たちは、俺たちが魔法レベルの上がらないため音を上げて、『彼らはほんとうに、ご領主さまの子どもですか』と言ってクビをはねられてしまった。
オヤジは、言ってみれば暴君なのである。

俺は、そんなオヤジが、まったく好きではなかった。
魔法が使えないと言うだけで、『おまえは跡継ぎにふさわしくない』と口癖のように言うオヤジ。俺を殴りつけ、氷魔法で凍りづけにして、罵倒して……。
あれが愛情なら、そんなものは要らない。

だが、領内で危機があるのなら、それを食い止めるのは、俺とメリアの二人だけなのだ。
確かにオヤジにはいろいろ思うこともある。
愛情を注いでくれなかった父を、見返してやりたいと思っている。
オヤジの魔法も、軍隊も、あいつの前には通じなかった。

オヤジは苦しみの内に、あの世へと旅だった。
オヤジの魔法―――国の最高レベル魔法コールド・ブラスターが通じない。
コールド・ブラスターをあっけなくはねつけたあいつは……。
いったい、なにものなのだろう。

いや、いま、そんなことを考えている場合じゃない。
関門だ。
仙人のテスト、と言ってもいいだろう。
あの槍を奪えば、ここを通過できる。
夕方までに、ここを通過して、ケルン洞窟に行くのだ。
拳を握りしめて地面から顔を上げる。無意識に唇をかみしめると、じゃりっと砂の感触がした。鬱蒼とした森の中、そこだけぽっかりあいた空の下には、頭に小さな角をはやした化物が、クックックと笑いながらこちらを見下ろしている。
コールド・ブラスターさえあれば!
究極の氷の魔法、コールド・ブラスター。すべてのものを凍らせ、雪を降らせ、すべてを無に帰する魔法。領主のオヤジの得意魔法。それすら、あのとき襲って来たあいつには通じなかった。あいつに爆裂させた氷の爆弾が、むなしく空中でちりぢりになるのを、オヤジは愕然として眺めていた……。
「どうした! この槍に触ることすらできぬではないか。おろかなニンゲンよ!」
ハッと我に返った。妖怪は、槍を持ってにらみつけている。
背筋に、冷たいものが走った。
すさまじい気迫だ。空気の色まで、変わっている。
妖怪に押し負かされていく感覚に、俺はたじたじとなりながら、身体の下でしくしく泣いているメリアを抱きしめる。槍は、すぐ目の前を、まるで棒でできた飴のようにさし伸ばされていた。
―――飴?
「妖怪さま! わたしたちは、どうしても仙人さまに、逢わねばなりません、通して下さい!」
メリアは、泣き濡れた声でかきくどく。妖怪は、聞く耳を持たないようだった。
「拙者を倒す力のないものに、ここを通すわけには行かない」
威圧感たっぷりの妖怪が、ぎょろりと目を剥いて返答する。
「そうか。では、これで、どうだ!」
俺は、右手を差しのばして魔法を放った。
「ふん、そんな程度の低い魔法に……」
言いかけた妖怪に、俺は挑戦してやった。
「程度が低いだと? どうせそこからここへはこれないのだろう。おまえはその土地に縛られた地縛霊の一種にすぎない」
「何」
妖怪は、さっと顔色を変えた。
「拙者はそんな低級霊の一種ではないぞ!」
「ではここに来て、俺たちにとどめを刺してみろ。できっこないからな!」
かーっ!
たちまちのうちに顔が紅潮した。鬼のような顔がどす黒く染まり、槍がぶん、と音を立てて振り回される。
ところが。
妖怪は、一歩も近づくことが、出来ないのである。
槍をぐるぐるとふり廻し、しまいには槍そのものを中心とした宴舞でも舞うような動きをしているが、まるで縫い付けられたように、地面からは足が動かせない。
槍を地面に突っ立てて、足を地面から離そうとしたその瞬間。
俺はダッシュして、妖怪にぶつかった。
妖怪は、槍を放して倒れてしまった。
「メリア、いまだ!」
メリアが、槍を奪い取る。ぶうん、と槍がうなった。
「やった。取ったぞ!」
俺が叫ぶと、妖怪は虚脱したように俺とメリアを眺めた。
「ど、どうやったんだ」
妖怪は、ふぬけたような声で質問してくる。
「俺にしか使えない、スティックリーという低レベル魔法を使ったのだ」
俺は、解説してやった。
「地面と身体がくっついて、離れなくなる魔法だ」
妖怪は、納得したようにうなずいた。少し悔しそうだが、かすかに微笑も浮かべている。よくやったな、という表情だ。
「よろしい。一次試験は合格だ。槍を手に入れたのだから、ここをとおってもよかろう。ただ、この先にいる仲間は、もっと手応えがあるぞ。同じ魔法は使えないと思い給え」
それだけ言うと、すうっと消えていった。
残った槍も、いつの間にか消えている。
「この先の仲間……。どんな怪物が、出てくるのかしら……」
おびえたようなメリアの言葉に、俺はそっと肩をだきしめてやった。
「仙人さまに会うまでは、あきらめちゃいけない。先を急ごう」

posted by アスリア at 14:15| Comment(0) | エッセイ

2017年04月10日

パルケス国の危機 03


俺たちは、さらに先へ進んだ。
道なりに、ロープが垂らされている。そこを伝って渡っていくと、目の前に滝が現れた。大きな滝で、虹がかかっている。インパス山は低山であるから、滝があるのは不自然なのだが、実際にあるのだから仕方がない。しかも滝には虹がかかってるばかりか、空中に岩が浮かんでいる。こびとたちがそこで何かを運んでいるようだ。ここが魔法の山であることを、俺とメリアは改めて実感した。こびとたちは、人間の膝あたりに頭が来るほどの大きさで、なにか円形のものを持って忙しげに右往左往している。攻撃する気配はなさそうだ。
「困った困った」
「仙人さまに叱られる」
「こびとの鏡が、壊れてしまった」
口々にそう言い合っている。
「どうしたんですか」
止める間もなく、メリアが大声で彼らに呼びかけた。すると、蜂のように右往左往していた彼らは、時間が止まったかのように停止した。
「ニンゲンだ」
「こんなところに、ニンゲン?」
ささやきは、滝の音にも負けていない。なにか、特殊な魔法でもかかっているのだろうか。
こびとの一人が、こちらを見下ろした。
「武器は持ってないぞ」
「仙人さまに、会いに来たのかな」
木の葉のざわめきのようなささやきが、滝の轟音からこぼれてくる。
「妖怪に会って、槍を奪った。ところがその槍は、消滅してしまった」
俺は事情を説明しようとした。
とたん。
耳をつんざく金切り声とともに、いっせいにこびとたちが岩から落ちて来た。
俺は、反射的に身構えた。なりが小さいため迫力は、あまりないが、これが第二関門だとすると、手荒い攻撃が待っているはずである。少なくとも、妖怪はすぐに槍で攻撃してきた。
こびとたちが地面に着地した。着地するなり、俺たちの周囲を走り回りはじめた。チュニック姿の愛くるしい表情を浮かべた、五人の小太りの連中だ。みんな同じ顔で、女。肉感的なその容子に、違和感があった。これが、第二関門なのか?
「ニンゲンが、来た」
「仙人さまのおっしゃったとおり」
「われわれの問題を、解決してくれる」
わらわらわら。
こびとたちは、周囲で走り回っている。
「ちょっと待て。ここは、第二関門……ぬ」
先頭が、コケた。
どどどっ。
積み重なるように、こびとたちは、足をもつれさせて身体を投げ出した。
ドミノのように倒れたこびとたちを拾い上げたのは、メリアだった。
「だいじょうぶですか?」
敵意のないのはハッキリしたが、なんともはや、めちゃめちゃだ。
「この第二関門まで来たニンゲンは、あんたらが初めて」
こびとは、うれしそうにメリアの腕の中で、キーキー言った。俺は五人ほどいる彼らを見下ろし、抱きしめるメリアと彼らを見比べた。
「だいじょうぶか」
どうやら試験場には来られたらしい。第二関門の試験がなになのかは、いまだにサッパリ判らないのだが。
声をかけてみて、こびとたちが、クスクス笑うのが気になった。チュニックは、ほとんど胸がはちきれそうだ。ぽよよーんとチュニックの紐がほどけている。俺は目のやり場に困ってしまった。
「けがは、なさそうだな。いったいなにごとなんだ。困っていたようだが」
「そうそう」
メリアの腕中の右端のこびとたちが、大きく頷いた。
「我らは、困っている」
「困っているから、困っている」
「大切なものを、壊してしまった」
「直せるのはここに来られたニンゲンのみ、と仙人さまに言われている」
「直して欲しい」
「直したら、ここを通してやる」
俺とメリアは、顔を見合わせた。
「出来ることは、せいいっぱいやるつもりだ」
俺は、メリアからこびとを受け取り、地面に下ろしてやりながら、
「だが、あまり期待して欲しくないな。俺の使える魔法は、リカバリーとライトショックの二つだけだ。人を縛り付けるスティックリーは、もう使ってしまったから、今日中には使えない。リカバリーはケガを治したりする魔法だし、ライトショックは軽めに衝撃を与えるだけだ」
「だいじょぶ」
こびとは、ニコニコ愛想たっぷりに答えた。
「ちょっと鏡を直すだけ」
「鏡?」
俺は、当惑してこびとを見つめた。
地面の五人は、いっせいに頷いた。
「ケルン国内を映す鏡だよ」
「国のニュースが判るんだよ」
「それを仙人さまに伝えるのが我らの仕事なんだよ」
「それなのに、ビブルが壊したんだよ」隣を示す、こびと。
「ビブルじゃない、ハブルが壊した」隣を指さすビブル。
「ハブルじゃない、フブルが壊した」その隣のハブルは、また隣を示す。
「フブルじゃない、ヘブルが壊した」ヘブルは、最初のこびとを示す。
「いや、だれが壊したかは問題じゃない。鏡を戻すのが肝腎なんだろう」
訂正を試みると、五人はいっせいに、
「あはははははは、そおだね」
「一本取られたね」
「我らより知恵が回る」
「妖怪を倒す勇気もあるし」
「期待できそう」
「すごい実力だもんね」
「鏡、直せるかな」
「手がかかるかも」
「時間もかかるかも」
「我らも手伝おう」
おう! と五人は拳を振り上げた。
俺は、胸の内に、すうっと渦巻くなにかを感じていた。時間がかかる。手がかかる。万が一、夕方に間に合わなかったら、明日にはケルン国は滅んでしまう。じんわりと、メリアの瞳に宿っているのは、夏の暑さの汗では決してありえない。
―――俺に、対処できるのか。
しょぼい魔法三つしか使えない、才能のない魔法使い。
そのうち一つは、使ってしまった。
なのに関所守護という重要任務についているこびとの難問を、解くことができるのか。
「服は、脱いだ方がいいよね」
こびとの一人が、俺の足元にやってくると、チュニックの紐をほどきはじめた。
「おい、おい、おい!」
とんでもないことになりそうだ。俺は思わず、こびとの頭をおさえつけた。
「なんで脱ぐんだ。鏡と、どう関係があるんだよ!」
「だって依頼するときは、こびとはみんな、脱ぐんだよ?」
そのこびとは、こともなげに答えた。
「我らの色気で、鼻血ぶー」
「いらんわ!」
俺は突っ込んでしまった。
「そお? 残念」
「無念」
「色気より食い気かもね」
「あ、それはあるかも」
五人の会話は、一気に盛り上がってしまう。
「なにを、食べたい?」
「カエルの死骸」
「ヒルの干し物」
「吸血コウモリの唐揚げがあるよ」
俺はイライラした。
「それはいいから、早く鏡の所へ連れて行け」
「じゃ、こっちね」
  リーダー格らしきビブルが、先に立って歩き出した。

posted by アスリア at 16:11| Comment(0) | 創作

2017年04月18日

パルケス国の危機 04

五人は、声を合わせて圧倒していた。飛行車のように腕を回しながら、まだ走り回っている。
「きゃははははっ、キーンっ!」
「滅びちゃうんだ〜」
「そんなのあり得ないっしょ」
「鏡がなくても常識はあるよ」
「ほんとにねえ。ケルン国には、氷の魔法があるじゃん」
「やっぱ食い気より色気が必要な気がする」
「メリアの持ってる弁当、うまそう」
やかましい。騒がしい。これを喧噪というのか。
俺は、耳をふさぎたくなった。
五人が五人とも女性である、ということから、こびとには男がいないのかという疑念も湧いてきていた。
「ごほん、静粛に!」
俺は、五人をもてあましている自分を感じながらも、この先どうなっていくのかという不安を、切々と感じていた。
滝の奥にある洞窟のなか。
薄暗いその洞窟の通路をまっすぐ行って、右に行ったそこが、その部屋だった。
じめじめした壁に、まっ黒な鏡の台がたてかけられている。
本来ならここに、リルタイト製の鏡が入っているはずなのだろう。
ぽたり。
頭に、つめたいしずくが落ちた。
まるで、巨大生物の胃のなかに入ったみたいな感覚になり、俺は気味が悪くなって尻込みするように二、三歩しりぞいた。
先ほどから、おしゃべりなヒヨドリよりもぴーちくぱーちく喋っている五人組をよそに、俺は鏡台を眺めていた。
大きさは、俺と同じぐらい。楕円形で、飾り付けもなにもない。壁にたてかけられている姿は、まるで死体のようだった。
「鏡の修復……。これが出来なかったら、ケルン国は滅びるのね」
メリアの頬から、つうっと一筋光るもの。
責任は重大だが、いったいどうすればいい?
鏡台の中、まばらに残っている鏡の破片をじっくり観察した。
光沢のある銀色。
鋭角に砕かれた破片の一個一個に。
かすかに、魔力の微動を感じる。
ということは……。
この鏡は、リルタイト製だ。つまり、魔法物質で出来ている。
となると、リルタイトで鏡を作り直せばよいだけのことだ。
「なんだ、リルタイトさえあればこんなの簡単に作り直せるよ」
俺は、安堵の余り力が抜けてくるのを感じた。
「リルタイト? 持ってる?」
「破片しか持ってない。ニンゲンは持ってる?」
「―――たしかにリルタイトは、希少物質だ。しかし、それなら破片をつなぎ合わせて精製すれば済むことだ。鏡の台座はでこぼこしているが、これをならして破片をならべ、最高レベル魔法コールド・ブラスターを掛ければ……」
言いかけた俺は、絶句した。
俺には、そのコールド・ブラスターが使えないんだ!
「国一番の魔法使い、音を上げたよ?」
「あんたには、できるんだね?」
すごいすごい。
五人のこびとは合唱した。
答えに窮していると、メリアがそばに近づいてきて、
「リカバリーを使ってみたら?」
と、ささやいた。
俺は手を振って、それを否定した。
「リルタイトは、最高レベル魔法物質だ。リカバリーみたいな低レベル魔法で、どうにかなるというもんじゃない」
「じゃ、リカバリーとライトショックを組み合わせたら」
メリアは、少し微笑を浮かべていた。
「二つを組み合わせれば、一つ以上の効果が出るはず」
俺はあきれてしまった。
「組み合わせる? 聞いたことがない。ムリだね。だいたい、ここで全部の魔法を使ってしまったら、第三関門にどう立ち向かう」
俺が文句を言うと、メリアは肩をすくめ、じっと俺を見つめた。
「いま、これを解決しなかったら、ケルン国は滅びるのよ? それでもいいの」
俺は唇をかみしめた。
守護を任されている大魔法使いアーヴィングは、今日の夜までしか城は持たないと断言した。あの城を落とされたら、もうあとはない。俺たちは帰る家をなくし、民衆はあいつに蹂躙されるがままだ……。
なんという、化物なのか。
あいつの、赤く光る瞳を思い出して、俺は身を震わせた。
いったい、あいつは何者なんだろう。
リルタイト製ではありえない物質で出来ていて、ホムンクルスのようにデカイ人型の形をしているのに、人間が乗っている気配がない。木々をなぎ倒し、岩を砕き、街じゅうのリルタイトを破壊して……。
とてもムリだ。仙人さまでもムリなのかも知れない。だから俺にあきらめさせようとしているのかも知れない。
「組み合わせなんて、どんな魔法使いでもムリだよ。それこそ、水と油を組み合わせるようなものじゃないか」
俺が弱音を吐く。
「ポール! あきらめちゃ、ダメよ。やってみなくちゃ。低レベル魔法だからこそ、出来ることがあるかもしれない!」
メリアは、初めて俺の名前を呼んだ。
俺は、思わずたじろいで、しげしげとメリアを見つめ返した。
幼いころから、お兄ちゃん、お兄ちゃんと慕ってくれたメリア。
メリアを悲しませるようなことは、したくない。
自信はない。
だけど、そんなことで怖じ気づいていいのだろうか。
「あんたはできる!」
こびとは、無邪気な口調で先ほどからぽんぽん、俺の膝のあたりを叩いている。
「国一番の魔法使いにも出来なかったことが出来るからこそ、仙人さまに見込まれたんだよね?」
そうなのだろうか。
俺でも出来るのだろうか。
俺は、リルタイトの破片をひとつつまみ上げた。
「こうなりゃ、ヤケだ」
俺は、破片をかき集め始めた。
もちろん、こびとたちもそれに倣う。
リルタイトが集まり、鏡のそばに並べられると、俺はじっとじめっぽい天井を見上げた。
カエルの肌のようにぬるぬるした壁。洞窟に、夕闇が忍び込んでいるのがわかる。
もうじき夕方。
時間がない。
仙人さまに会えるかどうか、これは賭けだ。
失敗すれば……。
死ぬのは確実だ、と思った。

posted by アスリア at 19:24| Comment(0) | エッセイ