2017年08月19日

青いジーンズの青年

青いジーンズの青年

「この男だ。コイツを町から追っ払って欲しい」
依頼人は、青いジーンズの青年の写真をさして言った。
彼は中肉中背で顔に傷があり、筋肉質のからだをしているスーツ男だ。ちょっと見だけでも、すねに傷を持つタイプだと判断できる。
「自分でカタをつけりゃ、いいじゃないか」
おれは、依頼人にささやいた。依頼人は、おれの事務室内をウロウロ歩き回りながら、チッチと舌を鳴らして見せた。
「直接手を下すと、恨まれるだろ?」
汚い仕事は、おれの仕事だというわけだ。まあいい、報酬はたっぷりもらっている。ただコイツを町から追っ払えばいいのなら、やり方はいろいろだ。
「理由を聞かせてもらっても、いいかな?」
おれは、依頼人に訊ねたが、ヤツは薄い唇を釣り上げて、
「よくある話さ」
とだけ、言った。
ふーん、とおれは、一旦引くことにした。私立探偵なのだから、調べる手段はいくらでもある。問題は、この青年をどうやって追っ払うかであって、原因なんかはどうでもいい。
「コイツがよく行くところは、どこだ?」
おれは、依頼人に訊ねた。

というわけで、おれは海に来ていた。
おれはタバコは嫌いじゃない。むしろヘビースモーカーだ。しかし、海に出るとなるとタバコは遠慮したくなる。綺麗な砂浜を、煙や吸殻で汚したくない。雨が降っていたし、季節ももう秋で、海水浴場はすっかりガラ空きだったが、ひとりだけ、泳いでるヤツがいた。
例の、青いジーンズの青年だ。
あいつは、タバコを吸うのだろうか。
青い魚のようにジーンズごと水にひたる青年を見ながら、おれは少し考えに浸っていた。
あいつをどうやって追っ払う?
話し合いで通じる相手なら、依頼人はとっくにやっているだろう。そもそも、手段を尽くしたからこそ、裏世界に顔を出して、ひとり始末しろと言っているのだ。
毒でも盛るか。
追っ払え、と命じられているだけなのに、殺してしまったらおおごとだ。こっちだって前科ができることになるだろう。たしかにおれも、危ない橋は渡ってきたが、人殺しだけはやったことがなかった。なかなかに、刺激的な魅力ある思考実験だが、現実的ではない。
毒を盛る線は、惜しいが除外だ。だいたい、青年の知り合いでもないのに、盛る機会はないに等しい。
「おじさん、なにしてんのさ」
突然、声が飛んできた。ギョッとしてタバコが口からこぼれ落ちた。
顔を向けると、あの青いジーンズの青年が、身体中を水浸しにして立っていた。いつの間にか、水からあがってきたらしい。
「こんな雨のなか、ひとりでよく泳ぐ気になるな」
おれは、質問には答えなかった。なので、その青年に冗談めかした雑談を振ってみた。
「いや、ひとりじゃない。アイツも泳いでるよ。賭けをしてるんだ」
青年は、穴だらけのジーンズから、水滴をぽたぽたさせている。指さす方向を見ると、水泳パンツをはいた青年がひとり、海の彼方の岩に向けて泳いでいる。
「タイムを競っているのか」
「あはははは、おれたち、オリンピック選手じゃねーよ」
「じゃあ、カネか」
「もっといいもんだよ」
会話をしている間に、水泳パンツの男は、岩にたどり着けずに引き返してきた。
「イタダキだね」
ジーンズの青年は、性格のわるそうな笑みを浮かべる。
「今日のうちに、また会えそうだな」
去りながら、おれは青年に言った。青年は、いぶかしげにしていたが、水泳パンツの男の方に向かって行くと、ぽんと背中を叩いた。
おれが振り返ると、パンツ男は、身を縮めていた。
あの青年に、しつこくいろいろ言われているのだろうと思うと、気の毒になった。

この町は、小さくて田舎くさい。商店街だって、シャッターが下りている。
しかし、それでもやっている店というものはあるものだ。個人商店とか、喫茶店とか、バーとか。
おれは、カウベルを鳴らしてその店に入っていった。
薄暗い店舗だ。まず眼に入るのは、ズラリと並んだボトルと、ガラスのコップ。
髪の長い女がひとり、コーナーに座っている。うぶな女のように子猫に語りかけているが、その顔や衣装は、見るものをなにかそそらせるものがあった。香水のような腐臭が、彼女から漂ってきている。悪女というよりは、性悪な女郎という体(てい)であった。
しかし、この暗がりでも、その魅力はあきらかであった。おれはそいつのそばに座って、バーテンをチラ見した。
「やあ、青年。また会ったな」
そう言ってやると、バーテンは、さっと顔色を変えた。
「あなたはさっきの……」
「火遊びも、たいがいにしておけよ。怪我をしてからじゃ、遅いからな」
おれは、一応、警告しておいた。
バーテンは、青いジーンズの青年であった。いまはバーテンの制服を着ている。似合わないことおびただしい。おれだったら、こんなヤツに男を競わせたりしない。
女のやることは、わからん。
女がなだめるように笑いかけると、青年は、職業的な笑みを浮かべた。
「ご注文を」
「バーボン、ひとつ」
おれは女をじっくり拝見した。こんなあばずれが、男を手玉にとっているのが信じられない。この女は、どこがよくて、自分を賭けるのか。
「ねえ、あなた。あの子をヘコませてみる気、ない?」
女は、おれにしなだれかかり、バーボンを配ってくる青年にウインクした。
青年は顔を真っ赤にし、おれはクスリと笑って言った。
「おれみたいな年寄りが趣味なのかい」
「だれだっていいのよ、暇つぶしなんだから」
女は、けだるい口調で言った。
「あんただって、いつも同じケンカ相手じゃあ、退屈でしょ」
言われた青年は、くるりと背を向けた。おれが依頼人だったら、青年よりも女を町から追放するが、まあ、これはおれの個人的見解ってヤツだ。
「おれは水泳パンツをもってねえからな」
おれはバーボンのグラスを持ちあげた。たしかに酒の質はよさそうだ。女には興味はないが、青年の若い冒険には、ついていけない。わかっていて話をもちかけるのだから、女の底意地の悪さが透けてみる。
青年が、気の毒になってきた。
かれのためにも、ここはこの町から出ていってもらうのが、いいのかもしれない。
依頼人はバーテンの雇い主だが、青年がハメを外すのを止めることができないでいるのだ。
バカな依頼人のバカな頼みごとを、真面目にこなさねばならないおれは、頭を使うよりは腕っ節を使う方が慣れている。
青年だって、同じだろう。女をめぐってケンカをする度胸がないから、水泳などという軟弱な方法で女を賭ける。それが積み重なって、恨みを買っている。本来なら、依頼人に向けるべき憎悪が、目に見える存在ということで青年に向けられる。それを女が喜ぶ。
ゆがんでいる。
ついていけないとは思ったが、仕事だからやり遂げねばならない。夜二時までねばったおれは、バーボンをひと瓶開けて、しっかりした足取りで閉店した店の裏口で待っていた。
青いジーンズに着替えた青年が、店を閉める気配がある。ひと呼吸置いてから、おれは青年に飛びかかっていって、その腕をしめあげた。
ごきっと音がして、腕が脱臼する。これで水泳は当分無理だろう。女から見れば、たかが脱臼でおれとの勝負から逃げたってことになる。町にはいられなくなるはずだ。
「なにしやがる!」
青年は、腕をかばながら叫んだ。「卑怯だぞ!」
「それがおとなのやり口ってもんだ。いい加減目を覚まして、この町から出て行きな」
おれは言い捨てた。女が、バーの裏口で、ニタニタ笑ってこっちを見ていた。

明け方になっていた。
おれはあの海に来ていた。雨はやんでいたから、泳ごうと思えばできるはずだった。
―――海は、きらいだな。
おれは、砂浜に落ちたタバコを見つけて、拾った。
あの岩の向こうに、なにがあるのかと、ワクワクしていた幼いころを思い出した。
おとなになったとき、岩にたどり着いて、何も見えないことに絶望した。
いま、ふたたび、海を泳いだら、今度は別な景色が見えるだろうか。
タバコに火をつけて海を眺めた。
日が昇ってきた。
おれは、服を脱いで海へ飛び込んだ。
向こうに何があるか期待はまったくしていなかった。

posted by アスリア at 15:59| Comment(0) | 創作

2017年08月20日

カネクレ虫

カネクレ虫

南 アサトが帰ってみると、そこにはでかい虫がいた。
アサトは、生命保険の営業である。今日もいやな上司にたっぷり絞られて、やっとノルマをこなして帰ってきたところであった。
アラサーのアサトは、ひとりものである。
家に帰っても、奥さんや恋人がいるわけでもない。
家事をしてくれるロボットだって、いやしない。
両親だって、とうにいない。
ひとりでアパートにこもって、暇なときにはスマホゲームするのがストレス解消、というふつうのサラリーマンである。
またインスタントラーメンをゆでて、ビールでもかっくらって寝るしかないのだろう。
ガミガミと、どやしつけてくる上司の顔を思い起こすまいと、ちょっとだけバーで一杯飲んできたのが悪かったのだろう。
アサトは、扉をばたんと閉めた。
いま、何時だ? おれは酔っ払って、夢でも見ているのか?
それから、そっと扉を開けた。
あいかわらず、薄暗い部屋の中に、でかくて丸い虫がいた。
初秋のころである。夏の虫は、ひととおりいなくなっていた。だから、セミやトンボではありえない。
その虫は、背中がまるくて、足が六本あり、金箔でも塗ったみたいに輝いていた。
  たしか、カフカの小説に、いきなり虫になった男の話があったなとおもいながら、アサトは殺虫剤をさがして部屋を横切ろうとした。部屋はきれいに片付いている。CDも漫画本も、営業用の資料も、食料も、あるべき場所におさまっている。だれが片付けたのだろう。
まさか、虫が?
ありそうにない。
すると、虫は、長い触覚を動かしながら、
「カネクレ、カネクレ」
と、しゃべった。
アサトは、スーッと酔いが覚めてくるのを感じた。
虫が、しゃべった?
茫然としているアサトに、虫は両手(?)を差し出して、
「カネクレ」
と言うのである。
「おまえは……、なんだ?」
アサトは、やっと言った。化物なのか? それとも、遺伝子操作による新しい生物なのか?
AIによる疑似昆虫ロボットという線もあるかもしれない。
「カネ、スキダ」
虫は、答える。アサトは、じろじろ相手を眺めた。どうやら、相手は攻撃する意図はなさそうだ。敵意がないのなら、慌てる必要はないだろう。それに話せる昆虫なんて珍しい。
「カネの嫌いな奴がいたら、顔を見てみたいね」
「アタシ 置イタラ カネ 一杯 アゲル」
虫は、拝むように両手(?)をこすり合わせた。
「アタシ カネクレ虫。イルダケデ カネ 集マル」
「へー」
本気にしたわけではないが、いるだけでお金が集まる虫というのは興味深い。大学あたりに持って行って、研究対象に売り飛ばすというのもアリかもしれない。
  それに、この虫は、部屋の半分を占拠するほどの大きさである。殺虫剤が効くとも思えない。
「カネ 集マッタラ 半分クレ。カネクレ」
カネクレ虫は、そう言った。
追い出してもよかった。寝る場所がなくなってしまう、迷惑だと。カネが集まるなんて、信じられるかと。
「あんたのエサは、カネなのか?」
カネクレ虫に、アサトは問いかけていた。
「カネ! カネ! 喰ッタラ 増エル!」
ものは試し、ということわざもある。クラウド・ファウンディングに投資したのだと思えばいいだろう。違法なことはないだろうな、と確認した後で、アサトは二百円ほど、そのカネクレ虫に喰わせてやった。
しゃきーん!
虫の目の色が変わり、お尻からなにかが出てきた。
「―――馬券?」
アサトには、縁のなさそうな券である。
「明日のレース、これで勝つ」
虫は、少し聞き取りやすくなった声で言った。
アサトは、半信半疑だったが、ひとまずその馬券を預かって、虫を廊下に追い出し、部屋に布団を敷いて寝た。

営業回りの隙に、馬券を換金した。
なぜか大穴が当たっており、一万円になっていた。
「すげ……!」
アサトは、カネクレ虫を見直した。約束通り、半額をカネクレ虫に渡す。
すると、こんどはパチンコの玉が 沢山出てきた。
「カネクレ! もっとくれ!」
カネクレ虫は、要求した。
アサトは、パチンコ玉を景品に換え、それを質に持って行って金に換えた。

こうして、アサトは、徐々にお金が増えてきた。
最初は、小遣い稼ぎ程度だったのだが、だんだん生活費に充てるようになっていった。
ガミガミ言われて働くのがばからしくなってきたので、さっさと仕事を辞めて、カネクレ虫に投資するようになった。
お金に余裕が出てきたため、株にも手を出したところ、北政府の危機感による日本政府とアメリカの緊張が、景気にいい影響を及ぼしたらしく、面白いようにお金がどんどん増えていく。
いつの間にか、アサトは、億万長者になっていた。

そうなってくると、アサトにおべっかを使ってお金の出所を知ろうとする人間や、成功の秘密を聞きたがるマスコミが現れる。
近所迷惑になったこともあって、アサトは引っ越すことにした。
その旨をカネクレ虫に言うと、
「アタシはここがいい! ここに、愛着があるの!」
という返事であった。
  カネクレ虫が生まれたのがここなので、ここ以外で暮らすなんて考えられないというのである。
アサトは、困ってしまったが、カネクレ虫にばかり頼っている時期は、もう終わったと思い、
「それじゃ、これでお別れにしよう」
と、エメラルドのブローチを差し出した。虫にあげるには高価なプレゼントだが、世話になった礼としては少し安かったかもしれない。
すると、カネクレ虫は、うれしそうにブローチをもらうと、
「カネだわ! カネだわ!」
といって、いきなりがぶりと噛みついてしまった。
あっと思うと、次の瞬間には、カネクレ虫はもぐもぐブローチを食べ尽くし、そのまま口を触覚でぬぐって、「おいしかったわ」と言うのである。
その直後。
ぶくーっとカネクレ虫のおなかがふくらんでいった。
「わー、たいへん! 子供ができちゃった!」
カネクレ虫は、そう叫んだ。

ぞろぞろと、蜘蛛の子のように現れたカネクレ虫の子供たちは、アサトの財産をすべて食い尽くすと、どこかへ散会してしまった。親ほど、土地に愛着があるわけではないらしい。
億万長者から、一気にもとの貧乏人にもどったアサトは、また営業に戻った。
昔といまとでは違うことがある。
カネを喰わなくなったカネクレ虫が、話し相手になってくれることである。
だから、どんなに厳しいノルマと激しい罵倒でも、アサトは耐えていけるのだ。
カネクレ虫の正体がなんであろうと、今となってはアサトにはどうでもいいことであった。

posted by アスリア at 16:17| Comment(0) | 創作

2017年08月22日

燃えない塗料

燃えない塗料

二千円札だ。
珍しい。というより、迷惑だった。なんでこんなものがまだ流通してるんだ? 切符を買うときだって、自販機に投入するときだって、二千円札だけは通用しない。こんなものより、百万円札が流通する方がよほど、世間のためだ。

おれは、その札を持ってきた客をじっくり検分した。
ここは便利屋の事務所である。便利屋であるから、手頃な値段でいろいろな雑務をこなさねばならない。年寄りのための買い物から、蜂の巣の駆除まで、業務は多岐にわたる。

相手の客は、ニコニコ笑いながら、無邪気そうな顔を見せている。
青年、というより少年に近いだろう。学生に違いないが、いまは平日。学校はどうしているのだ?

「これ、いくらで買ってくれますか?」
相手は、涼やかな声を発した。
おいおい。おれは便利屋だぞ。古金買いにしたって、二千円札はまだ新しかろう。

イライラしてきたので、おれは声を荒げて言った。
「おれは便利屋だ、銀行じゃない」
「これでもダメですか?」
  青年は、二千円札にライターの火を近づけた。

「おい待て!」
  椅子から跳び上がって、そのカネを奪おうとして、凍りついてしまった。

なんてことだ。二千円札が、《《燃えてない》》!

「燃えない塗料を、塗ってあるんです」
  青年は、クスクス笑いながら、二千円札をヒラヒラさせた。
「塗料は透明で、膜ができるので水をはじいて、長持ちしますよ」

燃えない塗料。

便利屋としては、魅力ある商品だ。
台所、仏壇、ファンヒーターなど、家庭内で火を使うシチュエーションは多い。

とくに今年の冬は寒いというから、火を使う確率は、高くなるだろう。
これをうまく、お得意様に売りつけたら、一儲けできるのではないか。

「あなたなら、コネクションもありますし、販路も広げられそうだ。ぼくの発明品を、有効活用してもらえるでしょう」
青年は、言ってほほえんだ。

おれはさっそく、試供品をもらって、自分の木工細工に塗ってみた。
この塗料がほんとうに、詐欺でないことを確認するためだ。

効果のある素材として、紙・木材・繊維・ゴム・プラスティックというものがあげられるという。ひとつひとつ、検証していった。

  たしかに、燃えない。
新聞紙も、金槌の柄の部分も、タオルも、輪ゴムも、プラモデルも燃えなかった。

「これは便利だ」
使いようによっては、いろいろな用途が考えられる。
文化財とか、古民家とかに使ったら、保存剤としても需要が高まるだろう。

貴重な文化遺産が守られるのだ。
国からも、がっぽりいただけるかもしれない。
うんうん。
そういう未来なら、大歓迎だ。
おれは、その塗料を、大切に冷蔵庫に保管した。

 

翌日、おれは警察から呼び出された。
「いったい、なにごとだ」
おれには、さっぱり身に覚えはない。
その警官は、署内の椅子に座ったおれを、うえから抑えつけるようにして言った。

「こいつに、見覚えがあるか」
写真を見せられて、眉をひそめた。あの、塗料の青年だ。
たしか、名刺を持っていたと思って札入れを取り出すと、警官はそれを手で押さえ、

「偽札づくりで、逮捕する」
と言うのである。

偽札?
冗談だろう。しがない便利屋のおれに、そんなコネも財力もありゃしないじゃないか。

「偽札なんて、作ってません」
「しかしこの青年は、美大を出た贋作王と呼ばれる青年でな。精密な描写と説得力のある画力で紙幣を量産していたのだ。おまえだって、一枚噛ませろという依頼をしたんだろう?」

おれは、ぶんぶん頭を振った。そんなことは、一切していない。していませんとも。
「もうネタは割れているんだぞ。この紙幣を見ろ。ゴワゴワして、手触りからして偽札だ。気づかなかったのか?」

その警官の持っているのは、例の二千円札であった。

おれは、天をあおいだ。
例の、燃えない塗料を塗った紙幣。
二千円札だったから、偽物だと思われているのである。

「でも、ちゃんと透かしも入ってますよ! 偽物じゃ、ありません!」
おれは、必死で、燃えない塗料の話をした。

警官たちは、顔を見合わせていたが、おれが家に戻ればわかる、冷蔵庫の中を見ろ、としつこく言ったので、一応なっとくして帰してくれた。

青年は、たしかに偽造に通じていたが、偽札を使用したことは一度もないと言っていたらしい。証拠もないし、警官はくやしがっていた。なにしろ二千円札に塗料を塗ったのは、いたずらのつもりだったというのだから、こまったお兄さんである。

「ご迷惑かけました。お詫びに、塗料は10キロまで無料とさせていただきます」

青年は、一礼した。

その手にしている紙幣を、おれは疑いの目で見ていた。
あんな進んだ塗料を作れる技術を持っているのなら、二千円札の模様を消す塗料もつくれるかもしれない。

もとの模様を落として、贋作を作り、絵の具が剥げないように燃えない塗料を塗る。
そうして、おれのところに来て二千円札が通じるかどうか、確認する。
青年なら、それをするだけの技術力はありそうだ。



しかしまあ、燃えない塗料が10キロタダで手に入るのだ。
警官が、いじわるな口調で、おれを犯人に仕立てようとしたのも気に入らない。

青年が前科持ちだとしたら、また刑務所には入りたくないだろう。
おれは、青年を見逃すことにした。
その代わり……。

 

「おい、燃えない塗料を剥がす法を、考えてくれ」
おれは、青年に注文した。
燃えない塗料が一定量、さばけたなら、今度はそれを塗り直す必要がある。

塗料を塗り直すためには、塗料を剥がさねばならない。
また、需要を開拓できるというモノだ。

青年には、こういうマトモな稼業で稼いで欲しい。
贋作づくりより、よほどこっちのほうが、青年には向いていると、おれは思っている。

posted by アスリア at 13:00| Comment(0) | 創作