2018年05月26日

ピアノとおじさん

ピアノとおじさん
     
引っ越しで、古いピアノがゴミの山へ棄てられてしまいました。
夕闇が迫る、ある夏の日のことでした。
その近くでみすぼらしいおじさんが、ピアノにせなかを向けて ゴミを片付けていました。
「このゴミは、新聞紙だから、役に立つな」
「このゴミは、壊れたプラスティックだから、役に立たないな」
おじさんは、役に立つゴミと、そうでないゴミをわけて、役に立つゴミを売るという仕事をしています。
すると、背中から、なにかの音が聞こえてきました。
「ぽろん」
それは、ピアノのけんばんを打ったような音でした。打った、というよりは、さわった、というほうがよかったかもしれません。
おじさんは、せすじをピンとのばしました。
ピアノの方を振り返っても、誰もいません。
おばけかな?
おじさんは、おばけなんか信じません。ふしぎなことなんて、この世にあるとは思っていません。
でも、ゴミの山の中で、ピアノは月明かりに照らされて、ちょっとばかり不気味でした。
「あの、すみません。いま、鳴りましたか?」
おじさんは、ピアノに話しかけました。
ほかに誰もいないのなら、ピアノ本人に聞くしかありません。ひょっとしたら、ひとりでに鳴り出すふしぎなピアノが、新しく売りに出されたのかもしれません。
すると、ピアノはまた、
「ぽろん」
と鳴りました。
よく見ると、けんばんの上に、ちょこんとガマガエルが乗っているではありませんか。
「おどかすなよ。おばけかと思ったじゃないか」
おじさんがひとりごとを言うと、ガマガエルは、
「ひとりじゃさびしいから、おじさんもいっしょに遊びましょ」
と、誘いました。
「これは夢だ。ぼくは夢を見ている」
「夢だと思うなら、わたしにキスをしてください」
どうせ夢だからと思ったおじさんは、ガマガエルにキスをしました。
するとカエルは見るも美しい女の人に変身し、おじさんは腰をぬかしそうになりました。
「わたしはピアノの呪いにかけられていたのです」
と、女の人は言いました。
驚きのあまりおじさんは、おもわずピアノのけんばんに手を触れました。
「ぽろん」
おじさんはガマガエルになってしまいましたとさ。

posted by アスリア at 20:14| Comment(0) | 創作エッセイファンタジー