2017年08月24日

すさのを たける

すさのを たける

「犯人は、刃物を持ってあばれています! これからどうなるのでしょうか!」
レポーターの、興奮した声がワンセグテレビから漏れた。
わたしは、目の前にちょこんと座っている男の人を見つめた。
あばれている、という風ではない。むしろ優しい目をしている。
剣を持っているところは、危険と言えば危険なのだろうが、わたしだって台所で包丁を持っているのだから、それはお互い様であろう。


がらんとした事務所内で男がくつろいでいるのを見ていると、彼がイケメンだけに、みょうにトキメいてしまう。
三十代のOL、男っ気なし。婚期? そんな面倒なものはいらん、という態度でいままでやってきた。
しかし、わたしを人質にとって立てこもってる、この人の顔はステキだ。
見るたびに、どきどきが止まらない。


警察が、外からスピーカーで怒鳴っている。
「抵抗は、無意味だ! 刃物を捨てて、出てこい!」
しかしリビングの男は、眉筋ひとつ動かさなかった。
「これは、草薙の剣だ。捨てるまえに、天皇家に返す必要がある」
窓の外へ、怒鳴りかえす。


「草薙の剣だって? どうやってそんなものを手に入れたのだ」
「オロチを退治したのだ」
「オロチ? というと?」
「八本の頭があるという、八岐大蛇を退治したのだ。この剣は、そのときの戦利品だ」
「草薙の剣といえば、源平合戦のときに、たしか、海の底に沈んだはずでは?」
「そんなことは知らん。とにかく天皇に返すのだ」
剛情に、繰り返すのである。


警察は、いったん引いて、なにやら相談を始めた。
わたしは、その、刃物を持った男の様子を眺めていた。
身の危険は感じなかった。剣を持っていることを除けば、それほど剣呑な印象は受けない。一体この人は、だれなのだろう。
「あの、あなたはどなたですか?」
わたしはその男の人に聞いてみた。


「すさのを たけるだ」
と、答えが返ってきた。
「高天原から追放され、村でオロチを退治したとたん、なぜかここに来てしまったのだ。ここはどこなのだ?」
わたしは、ここが日本で、むかしはヤマトと呼ばれていたことを話した。


たけるは、
「なーるほどー」と腕を組んで、何回かうなずいていたが、
「ここには、オロチはいないのだな?」
と、逆に聞いてきた。
「オロチはいないけど、核兵器っていう恐ろしい武器があります」


と、わたしが言うと、たけるは、ぶんっと剣を振り上げて、
「そんな兵器は、おれが一撃でやっつけてやる」
意気さかんなのである。


だいじょうぶなのかな、とわたしは眉をひそめた。麻薬でもやってるのだろうか。妙にうかれた表情で、ウキウキしている。警察やわたしが何を言おうと、一顧だにしないという態度だった。
わたしは、たけるが現れたときのことを思い出していた。

 

すさのを たけるが現れたのは、つい先ほどのことである。
場所は、福又オフィスである。この企業は、土日祝日がお休みの土木関係の企業で、わたしの仕事もパソコンで経理を担当するだけの、単純で簡単な作業だった。
今日は、たまたま、会社に忘れ物をしてしまって、取りに来たら、そこに剣を持った男が現れて、わたしを人質に立てこもった、というわけである。


すさのを たけるという名前にふさわしく、髪は角髪(みずら)、ペンダントは勾玉、衣装は衣褌(きぬ・はかま)を着ていた。麻薬常習犯にありがちな、熱狂的な雰囲気は見当たらない。


会話も、ちゃんと成立している。すさのをという名前と、たけるという名前が合体しているところはどうかと思ったが(すさのを と やまとたけるは、別人である)、持っている剣は不思議な光を放っているし、乱暴なそぶりもみせていない。


核兵器について脅威を感じないのも不思議と言えば不思議である。
「すさのをさん。あなたはどちらから、ここに来られたんですか?」
わたしは、訊ねてみた。
「わからん。オロチを倒して、酒をかっ食らっていたら、いつの間にかここにいた」


「オロチってほんとに八つも頭があったんですか?」
「ウソを言ってどうする。困っていたから、村人を助けてやったんだ」


そんな会話をしているうちに、どうやら警察の方も処置が決まったらしい。
「立てこもりの犯人! 要求はなんだ!」
それを聞くとたけるは、剣をおさめると、うれしそうに手をもみしだいた。


「まずは、酒だな! それに、肉があれば充分だ」
「こちらでは、焼肉を用意している! 抵抗しなければ、喰わせてやってもいい!」
「ほんとうか?! では、そちらに投降する!」

ということで、たけるは警察に出頭した。
あとでマスコミに流れた情報によると、たけると名乗った男は、前衛芝居の俳優で、舞台の宣伝をするために、今回の騒ぎを思いついたらしい。

その舞台のテーマは、「核戦争後の日本」 であった。


「なーんだ、ばからしい」
わたしは、週刊誌を放り出した。
真相がわかってみるとつまらないのか、マスコミは報道を1日で終わらせ、次のネタに食いついて行った。

その三日後。
見覚えのある人物が、事務所の前に立っていた。
「あ、たけるさん」
わたしが呼びかけると、たけるは少し、さびしそうに笑って見せた。
「この時代まで警告に来たのに、本気にされなかったよ」
「え、どういうこと?」
わたしが驚くと、たけるは肩をすくめて、


「ぼくは超能力者なんだ。タイムトラベルができる。未来で核戦争が起こり、いままでの文明がすべておじゃんになってしまって、最初からやり直しになってしまう。そうなるまえに、警告しようと思った。八岐大蛇は、放射能による突然変異だ。なのに……」
まさか、冗談でしょという前に、たけるは目の前からすうっと消えてしまった。

posted by アスリア at 14:05| Comment(0) | 創作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: