2018年01月28日

魔法世界のリフジーズ (終)

おれは香澄を連れて、大学病院を脱出することにした。だが、もちろん警備員が出入口に控えている。ただでは出してくれないだろう。
おれが考え込んでいると、内面のなにものかがクツクツ笑いながら、
―――忘れてないか? おまえは、稲妻を自由に扱えるのだ。
と、ささやいた。
稲妻を、自由に扱える?
おれは自分の両手を見つめた。セマミラーを使用不能にしてしまったこの手。自由に扱えるのなら、なぜ、あのときコントロールがきかなかったのか?
―――われのことを、認めていなかったであろう。そなたがサンダートールであることを知らされたからこそ、われはそなたに力を預ける気になったのだ。
内面の声は、考え深げに言った。
―――ほんとうなら、香澄に力を預けるつもりだった。香澄は、われの心情をよく知っておるゆえ。
じゃ、なんでおれなんだ?
―――雷神封じのお札がはがれたとき、おまえがそこにいたからだ。われとしては、不本意な結果であった。
香澄のところへ行けよ。
―――ひとたびサンダートールを選んだなら、その人物が死ぬまで乗っ取らねばならない。ということは、次なるサンダートールになりたい人間が、そなたの命を狙うという意味でもあるのだ。
とんでもない状況になった。おれは、胃ががたんと落ち込むような気分になった。命を狙われる? おれが? 雷を自由に扱えるだけで?
―――なにを愕然としているのだ。おまえは、生きている兵器だぞ。稲妻を発することで、セマミラーたちは焼失し、文明の利器は使えなくなる。その力を欲するモノは、いくらでもいるはずだ。
内心の声が、いぶかしそうに言っている。
おれは、あたりをみまわした。あの、古里という人物は、親切心で治療を申し出たわけではなく、実験材料として見ている。解剖されるというのは、当たっているのかもしれない。
だが、あらためて内心の声と現実を見比べてみた。
香澄をサンダートールとして選びたかった、と内心の声は言っている。それがほんとうなら、なぜ香澄は、サンダートールのことをおれに隠していたんだろう? 雷神に取り憑かれるなんて、マジいやなことでしかない。降ってわいた災難を救おうとして、香澄はここまでついてきてくれたのだ。
「なにぼーっとしてるの? ここから早く脱出しましょう」
香澄は、つけつけと指示してきた。こんなにも高圧的でなければ、すなおに言うことを聞いたかもしれないが、おれはムカッときてしまった。
「さっき、おれがサンダートールから抜け出す方法を知っている人を、ひとり知っているって言ったな? だれなんだ? そいつ、危険じゃないだろうな?」
おれがまた気絶したら、おまえのせいだと香澄に言おうとした。
香澄は少し青ざめている。
「ともかく、ここにいちゃダメよ。あなたを解剖して、サンダートールの神髄を見極めようと実験するひとたちなんだから」
「なんでそれを知ってる。おまえ、なにものなんだ」
おれは香澄の青ざめた顔をにらみつけた。香澄は口に手を当てて、あきらめたような表情を浮かべた。
「サンダートールは、一種の依り代よ。わたしは依り代になるために育てられたようなものだわ。あなたが脇からしゃしゃり出てこなければ、わたしがサンダートールになれたはずなのよ」「余計なお節介焼きで悪かったな」
「ともかく、口論している暇はないのよ。はやくここを脱出しましょう」
「警備員がにらんでるぜ」
「稲妻で気絶させちゃいなさい」
「―――おまえ、過激だなぁ」

ともあれ、おれは、出入口でにらんでいる警備員に指を突っ立てた。警備員は青くなって身構える。
「ここを出してくれたら、危害は加えない」
おれが言うと、内心の声が、
―――甘いな。通報される前に、倒してしまえ。
とささやいた。
おれはそれを無視して、出入口に近づいていく。
すると、出入口に出張っていた警備員は、すっとどいてくれた。
どういうことなのだろう?
出入口に立ったとたん、その答えがわかった。
電極が戸口に仕掛けられていて、おれの身体じゅうに電流が流れてきたのである。
おれは体力を限界まで吸い取られ、倒れてしまった。
そして、となりの香澄は、その電流を浴びて目の色が金色に輝いているのである。
「わたしはサンダートール」
香澄は宣言した。
「この国の最終兵器として、戦うのよ!」
「ダメだ」
おれは、必死で立ち上がろうとした。香澄は、手のひらで稲妻をもてあそんでいる。
「最終兵器なんかに、なるんじゃない」
おれはそういうと、立ち上がって香澄の唇に自分の唇を重ね合わせた。

―――うげっ! キショイ!

声にならない声が叫ぶと、電流は香澄をすり抜けて、部屋のなかを駆け巡った。
そして、そのまま屋上の方に向けて消えていく。
ばしん。
おれは、ほほを張られた。
「いつまでやってるのよ! ばか!」
香澄は顔を真っ赤にして叫んだ。

大学の教授がやってきた。
「雷神封じが、うまくいかなかったな」
教授は、残念そうに言った。
「雷を自由に操れたなら、核兵器のボタンも無効化できるのに」
「ひとを兵器にするなんて、人道的とは言えませんね」
おれは言ってやった。
「雷神を操れるのは、サンダートールだけだ」
教授は、重々しく言った。
「今後は、人工知能でサンダートールを作ってみよう」
「―――懲りないヤツ」
おれはあきれてしまっていた。

こうしておれは、ふたたび公民館で、年寄り相手に教えている。
リフジーズに一度なった経験がものを言い、生徒たちのウケはいい。
だが、時々、あの内心の声を思い出すのだ。
あれはほんとうに雷神の声だったのだろうか。
あるいは、人間の生み出した、科学技術への不安が形になったのだろうかと。
そんな疑問を抱えながら、おれは今日もボランティアを続けている。

posted by アスリア at 18:40| Comment(0) | 創作エッセイファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: