2018年07月24日

まおくん、走る!

まおくん、走る!
           
 まおくんは、みこたんのそばでニャーニャー鳴いていました。まおくんの目の前で、自転車が逃げ去って行きました。道路でみこたんは、血を流して倒れていました。まおくんは、みこたんの足をなめました。
「痛いよう、痛いよう」
 足を抱えながらみこたんが泣きました。
「お医者さまを呼んでくる」
 まおくんは、まるでチーターのように駆け出しました。カラスがかあかあ鳴いていました。
 しばらくして病院が見つかりました。まおくんは扉をたたきました。けれど、病院の人は、まおくんを見ると、
「きゃー、猫だわ!」
 と悲鳴を上げてしまいました。
「みこたんが、けがをしたんです」
 まおくんは大声で言いました。しかし、だれもとりあってくれません。
 まおくんは、ふと、近所のおばあちゃんのことを思い出しました。まおくんはおばあちゃんのところへ行きました。けれどおばあちゃんも、まおくんの言葉がわからないのでした。
「ぼくが人間だったら、きっともっと役に立てるはずなのに」
 まおくんは、おばあちゃんの着ている服をくわえました。そしてワンワンほえかかってくる犬や、ものすごいスピードで走る車にもめげず、まおくんはおばあちゃんをみこたんのところへ連れて行きました。
「た、たいへんだわ、血が出てる」
 おばあちゃんは、すぐケータイで救急車を呼びました。みこたんは病院に担ぎ込まれました。まおくんは面会できません。
 おばあちゃんは、ニャーニャー鳴いているまおくんをなでながら、
「昔話に、猫がお伊勢参りしたら人間になったっていうのがあるんだよ」
 と、言うと、まおくんの首に財布を巻いて、
「お伊勢さんへ行っておいで」
 と言って送り出しました。
 途中、いじめっ子に追いかけ回されたり、交通事故にあいそうになったりしましたが、それでもやっと一週間後、お伊勢さんについて、まおくんは「人間にしてください」とお祈りしました。
 するとどうでしょう。まおくんは、かっこいい少年に変身していました。
 まおくんは、おばあちゃんからもらったお金で宿をとり、病院にまっすぐ行くと、みこたんに会いに行きました。
その頃には怪我が治っていたみこたんは、弟ができたと喜んで、まおくんの手を握りしめた。まおくんとキャーキャーはしゃいでいると、お父さんはお母さんに言いました。
「こんな不思議なことが起きるのは、お伊勢さんのおかげかな?」
 お母さんは答えました。
「そうですわ、だってこの子も含めて二度目ですものね」

【創作エッセイファンタジーの最新記事】
posted by アスリア at 13:14| Comment(0) | 創作エッセイファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: