2018年09月08日

500字程度エッセイ集:夫からゲットした情報

平成30年9月8日(土)、夫からゲットした情報。
「運転が心許ない」ので免許を返納した80代男性。その特典をもらうために市役所に行く途中で殺人をおかしてしまいました。

車で市役所に出かけて、ひとを跳ねてしまったのです。


無免許運転だったんですよね……。免許なしでも一度ならいいだろうと甘く見ていたらしい。
ダメじゃん! 詰めが甘いぜ!
運転が心許ないんだったら、タクシーで市役所へ行ったほうがよかったのでは?


わたしなんか、30年近くペーパードライバーです。身分証のために免許を取ったんですよね。(古本を売るときは、運転免許証を見せればOKなので助かってます)。
自分で運転するなんて、とてもそんな勇気はありません。


とくに最近は災害が多いから、車という密室に閉じ込められるなんて怖くて出来ない!

車は、他者にとっても自分にとっても、凶器になるのです。
ガソリンエンジンだと環境にも悪いし、
電気エンジンだと視覚障害者が、車の気配を感じられないという欠点があります。


最近、自動制御の車も出てきましたが、どこまで安全なのでしょうか。
運転手の不要な車が出てくるのは、いつのことでしょう。
運転する楽しみがなくなったら、不満な人もでるかもね。

posted by アスリア at 12:35| Comment(0) | エッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: