2018年09月14日

500時程度エッセイ集:近所との会話

マンションの駐輪場で、シニアのおばさんに話しかけられました。
「こんな朝早くから、どちらまで?」
朝九時頃です。買い物に行くには少々、早い
「公民館まで。ヨガをやってるんです」
おばさんは、わたしの背中のヨガマットに目を走らせました。
「わたしは、近所のスポーツジムまで行くのよ」
「へー。どんなことをされてるんです?」
「エアロビクスと卓球」
「へー。だからそんなに痩せてるんですね!」
そのおばさんは、決して美人ではありませんが、目が強く輝いています。手には日焼け止めの手袋をはめ、メッシュのシャツを着ていました。黒いスパッツを穿いています。彼女も自転車でスポーツジムまで行くつもりらしく、荷物を買い物かごに入れていました。
「最近自転車に乗ったばかりだから、コケてばかりいるのよね。困ったモノよ」
「あらー。骨折には気をつけてね!」
「ありがとう!」
そんな会話をしたあとに、わたしは公民館まで自転車で走って行きました。
なんということもない会話ですが、暖かい気持ちになるひとときです

posted by アスリア at 20:28| Comment(0) | エッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: