2019年01月27日

きつねとお月さま お月さまのさんぽ

お月さまのさんぽ

そらのてっぺんなんか、星がいっぱい広がっています。するどいツメのような三日月がのぼると、その星空が三日月を帽子のようにかざりました。
きつねが丘のうえから眺めていると、星空を身にまとった三日月が降りてきました。
「いっしょにさんぽをしましょう」
三日月は、そう言いました。きつねは、あわてて三日月の手を取って、いっしょに森の中を歩きました。
森の中は、昨日の雨でキラキラしていました。きのこの小さなかさや、落ち葉などが、三日月から輝く光できらめいています。
「しまったな、お弁当を持ってくればよかったな」
きつねは、ざんねんそうに言いました。
「この先には、お弁当を売ってるうさぎの店があるよ。お金はお星さまでいいそうだよ」
三日月がそういうので、森の奥へときつねたちは、ぶらぶら歩いて行きました。いたずら小僧のリスのガリ造は、急に森が明るくなったので驚いて巣から飛び出してきました。
「ねえねえ、どこへ行くの?」
ガリ造が聞くので、
「ちょっと散歩してるんだよ」
きつねが答えます。
「お弁当も、買いに行くんだよ」
三日月も、答えます。
「それじゃあ、ぼくもいっしょに行く!」
ガリ造は、ちょろちょろと巣から出てきました。きつねは、ガリ造を背中に乗せて、
「この先のうさぎの店、知ってるかい」
と言いました。
「知ってるよ」
ガリ造は、きつねの肩にのぼりました。そこからだと、森の奥もよく見えます。
三日月は、星空の帽子をちょっとかたむけて、うさぎの店のあるほうを示しました。
三日月が言ったとおり、森の奥にはうさぎの弁当屋さんがありました。いろいろな弁当があります。
「ぼくは、ドングリのおにぎりと、カキの実のジュースがいいな」
ガリ造が注文すると、きつねは、
「ぼくは、おいなりさんとぶどうのジュースがいいな」
と注文しました。
三日月は、ただ薄荷水を注文しただけでした。また太っちゃいやなんですって。
星空の帽子から、金色のお金を取り出すと、お月さまときつねとガリ造は、また丘の上に戻っていきました。
丘のうえから見える夜空は、星ひとつありません。だって、三日月がぜんぶ、帽子にしてしまったからです。でも、リスもきつねも気にしません。丘のうえからは、森も見えますし、遠くにかすむ人間の村も見えているからです。
「お母さんが見たら、きっと喜ぶだろうな」
ガリ造は、ちょっとさびしそうに言いました。きつねも、ちょっとさびしくなりました。ふたりとも、お母さんと会えなくなってずいぶんになるからです。
三日月は、薄荷水を少し口にふくませて、言いました。
「人間には、天国っていうところがあるけど、動物たちには月の世界がある。死んだらそこで、お母さんに会えるんだよ」
お月さまの言葉に、きつねもリスも、目をうるませています。
「月の世界?」
「そうなんだ。そこには病気も、苦しみもない。食べ物もたっぷりあって、水もきれいだよ。きみたちのお母さんも、そこできみたちを待っている。だから悲しいことなんて、ないんだよ」
ガリ造は、目をこすりました。ちょっと身を乗り出して、聞きました。
「ねえ、それはいつのこと? お母さんと会えるのは、いつのこと?」
「いつか、年を取ったあとに」
三日月は、そう言って細い身体を二つに折りました。
そして、ぽーん! とまるでオリンピックの選手のように跳び上がり、空へと戻っていきました。
暗い夜空に星がちりばめられる頃、きつねとリスは別れました。
三日月が、夜の爪痕のように光っていました。

posted by アスリア at 13:15| Comment(0) | エッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: