2018年05月26日

ピアノとおじさん

ピアノとおじさん
     
引っ越しで、古いピアノがゴミの山へ棄てられてしまいました。
夕闇が迫る、ある夏の日のことでした。
その近くでみすぼらしいおじさんが、ピアノにせなかを向けて ゴミを片付けていました。
「このゴミは、新聞紙だから、役に立つな」
「このゴミは、壊れたプラスティックだから、役に立たないな」
おじさんは、役に立つゴミと、そうでないゴミをわけて、役に立つゴミを売るという仕事をしています。
すると、背中から、なにかの音が聞こえてきました。
「ぽろん」
それは、ピアノのけんばんを打ったような音でした。打った、というよりは、さわった、というほうがよかったかもしれません。
おじさんは、せすじをピンとのばしました。
ピアノの方を振り返っても、誰もいません。
おばけかな?
おじさんは、おばけなんか信じません。ふしぎなことなんて、この世にあるとは思っていません。
でも、ゴミの山の中で、ピアノは月明かりに照らされて、ちょっとばかり不気味でした。
「あの、すみません。いま、鳴りましたか?」
おじさんは、ピアノに話しかけました。
ほかに誰もいないのなら、ピアノ本人に聞くしかありません。ひょっとしたら、ひとりでに鳴り出すふしぎなピアノが、新しく売りに出されたのかもしれません。
すると、ピアノはまた、
「ぽろん」
と鳴りました。
よく見ると、けんばんの上に、ちょこんとガマガエルが乗っているではありませんか。
「おどかすなよ。おばけかと思ったじゃないか」
おじさんがひとりごとを言うと、ガマガエルは、
「ひとりじゃさびしいから、おじさんもいっしょに遊びましょ」
と、誘いました。
「これは夢だ。ぼくは夢を見ている」
「夢だと思うなら、わたしにキスをしてください」
どうせ夢だからと思ったおじさんは、ガマガエルにキスをしました。
するとカエルは見るも美しい女の人に変身し、おじさんは腰をぬかしそうになりました。
「わたしはピアノの呪いにかけられていたのです」
と、女の人は言いました。
驚きのあまりおじさんは、おもわずピアノのけんばんに手を触れました。
「ぽろん」
おじさんはガマガエルになってしまいましたとさ。

posted by アスリア at 20:14| Comment(0) | 創作エッセイファンタジー

2018年07月24日

まおくん、走る!

まおくん、走る!
           
 まおくんは、みこたんのそばでニャーニャー鳴いていました。まおくんの目の前で、自転車が逃げ去って行きました。道路でみこたんは、血を流して倒れていました。まおくんは、みこたんの足をなめました。
「痛いよう、痛いよう」
 足を抱えながらみこたんが泣きました。
「お医者さまを呼んでくる」
 まおくんは、まるでチーターのように駆け出しました。カラスがかあかあ鳴いていました。
 しばらくして病院が見つかりました。まおくんは扉をたたきました。けれど、病院の人は、まおくんを見ると、
「きゃー、猫だわ!」
 と悲鳴を上げてしまいました。
「みこたんが、けがをしたんです」
 まおくんは大声で言いました。しかし、だれもとりあってくれません。
 まおくんは、ふと、近所のおばあちゃんのことを思い出しました。まおくんはおばあちゃんのところへ行きました。けれどおばあちゃんも、まおくんの言葉がわからないのでした。
「ぼくが人間だったら、きっともっと役に立てるはずなのに」
 まおくんは、おばあちゃんの着ている服をくわえました。そしてワンワンほえかかってくる犬や、ものすごいスピードで走る車にもめげず、まおくんはおばあちゃんをみこたんのところへ連れて行きました。
「た、たいへんだわ、血が出てる」
 おばあちゃんは、すぐケータイで救急車を呼びました。みこたんは病院に担ぎ込まれました。まおくんは面会できません。
 おばあちゃんは、ニャーニャー鳴いているまおくんをなでながら、
「昔話に、猫がお伊勢参りしたら人間になったっていうのがあるんだよ」
 と、言うと、まおくんの首に財布を巻いて、
「お伊勢さんへ行っておいで」
 と言って送り出しました。
 途中、いじめっ子に追いかけ回されたり、交通事故にあいそうになったりしましたが、それでもやっと一週間後、お伊勢さんについて、まおくんは「人間にしてください」とお祈りしました。
 するとどうでしょう。まおくんは、かっこいい少年に変身していました。
 まおくんは、おばあちゃんからもらったお金で宿をとり、病院にまっすぐ行くと、みこたんに会いに行きました。
その頃には怪我が治っていたみこたんは、弟ができたと喜んで、まおくんの手を握りしめた。まおくんとキャーキャーはしゃいでいると、お父さんはお母さんに言いました。
「こんな不思議なことが起きるのは、お伊勢さんのおかげかな?」
 お母さんは答えました。
「そうですわ、だってこの子も含めて二度目ですものね」

posted by アスリア at 13:14| Comment(0) | 創作エッセイファンタジー

2018年10月08日

お月さまときつね

   
    お月さまときつね
   
    森の中にきつねがいました。夜になるときつねは、森のちいさな池に行って、お月さまをながめるのでした。この日も金色のまんまるお月さまが、きらきらと森を照らしていました。「こんばんは、お月さま」
きつねは、池のお月さまに話しかけました。
「きつねさん、いつも見守ってくれて、ありがとう」
お月さまも、ごあいさつしました。きつねはお月さまの元気そうな顔を見て、
「ぼくもそっちに行きたいな」
と言いました。
「ちゃんと来れるよ。簡単だよ」
お月さまは、ニコニコわらっています。
「ええっ。どうするの?」
きつねが言うと、お月さまは、
「空へのきっぷを頭にのせて、池にとびこめばいいんだよ」
「空へのきっぷ?」
きつねは、ふしぎそうに聞き返します。お月さまは、
「木の葉だよ。おじいさんからもらったでしょう?」
そうです。人間に変身できる木の葉を、きつねは持っていたのでした。どうやらその木の葉は、変身できるだけではないようです。
きつねは家にもどって木の葉をとりだし、頭につけました。そして池のほとりへと歩みよりました。すると月の光が射し込んできて、木の葉が青く光りました。
「えいやっ!」
きつねは、思い切って池の中に飛び込みました。とたん、池が波打ち、大きな穴が開いて、そのままきつねを飲み込んだかと思うと、きつねは月の世界にたどりついていました。
月の世界はしずかで、ひらひらと美しい蝶や、見たこともない花が咲いていました。かぐわしい匂いがあたりいちめんただよっています。
  ところがそこへ、いじわるな黒い雲が、月をいじめにやってきたのです。びゅうびゅう冷たい風が吹き、月の花びらは舞い散って、蝶はどこかへ消えてしまいました。きつねは雲にむかって、
「けーん!」
ととびかかっていきました。
「お月さまをいじめるな!」
とドロドロした雲に爪を立てると、雲はぎゃあと言ってたいさんしてしまいました。
その拍子にきつねは、どっぼーん!
はるか下にある森の池へと、まっすぐ落ちていきました。
「きつねさん、だいじょうぶ?」
お月さまは、心配そうです。きつねは池からあがりました。からだはふしぎと濡れていませんでした。ふと、頭をなでてみました。
「あれっ。ない。空へのきっぷになる、あの木の葉がない」
「たいへん! どうしましょう!」
お月さまは、しばらくしてから決意しました。
「わかったわ、わたしのたったひとつの金メダルをプレゼントしましょう。これを使って、わたしの国にいらっしゃい」
お月さまは、そう言って高い空からメダルを池に落としました。
きつねは、胸を張ってそれを頭からさげ、
「どうもありがとう、お月さま」
と言いました。
    

posted by アスリア at 15:30| Comment(0) | 創作エッセイファンタジー